【Valorant】ヘイヴンのキルジョイ セットアップ

2023年に開催されたVCT Lock inで使われたセットアップの中から、お手軽で強そうなものを紹介します。

ほとんどはよく使われているセットアップだと思います。

攻め

セットアップ① Cサイト+ガレージ+Bサイトの詰め警戒

VCT Lock in準決勝のNavi vs FNATICでNaviのSUYGETSU選手が使っていたセットアップです。

定番のガレージ前のタレットでガレージ+Bサイトの詰めを警戒できます。

タレットを箱上に置くときは、Cサイト側に置かないとBサイトの詰めが見れないので注意が必要です。

Cサイト側にはアラームボットを置くことで、Aサイトを攻める味方の背中を守れます。

Valorant_Haven-Killjoy-Attacker-Setup1
ガレージとBサイトからの詰めを見れる定番のタレット

セットアップ② 裏を全部警戒できるセットアップ

VCT Lock in準決勝のNavi vs FNATICでNaviのSUYGETSU選手が使っていたセットアップです。

タレットをTベース近くに置くので前目で情報を取れませんが、A・B・Cの全ての詰めを見ることができます。

Valorant_Haven-Killjoy-Attacker-Setup2
ガレージから覗いてくる敵を視認できる位置に置いておくと◎

守り

セットアップ① Bサイト+ガレージ+Cサイト

VCT Lock in準決勝のNavi vs FNATICでFNATICのAlfajer選手が使っていたセットアップです。

Cロング抜けとガレージ抜けを見ることができるタレットと、Bサイト前にアラームボットを配置します。

アラームボットは、Cサイト寄りに設置すると動きやすいです。

ナノスワームはガレージとBサイト中に置きますが、紹介しているガレージのナノスワームはラウンド開始後にしか設置できません。

ガレージのナノスワームをCロングに置いている場面もありました。

Valorant_Haven-Killjoy-Defender-Setup1
Cロング抜けとガレージを見れる定番のタレット

セットアップ② ガレージ+Cサイト

VCT Lock in準決勝のNavi vs FNATICでFNATICのAlfajer選手が使っていたセットアップです。

アラームボットをガレージに置いて、タレットをCサイト中の箱上に設置します。

このセットアップの利点は、C寄りにアラームボット+タレットが配置してあるので、Cサイトのコンテナ裏でキルジョイ自身が待つことができます。

ナノスワームが一個余っているので、Cロングやリテイク時に使用できます。

Valorant_Haven-Killjoy-Defender-Setup2

セットアップ③ ガレージ+Cサイト

VCT Lock in準決勝のNavi vs FNATICでFNATICのAlfajer選手が使っていたセットアップです。

ナノスワームが一つ余っています。

Valorant_Haven-Killjoy-Defender-Setup3
Cサイト+ガレージを見れるタレット

セットアップ④ Aサイト

VCT Lock in準決勝のNavi vs FNATICでNaviのSUYGETSU選手がハンドガンラウンドで使っていたセットアップです。

Aショートをタレットで守り、Aロングに開幕アラームボットを前目に配置します。

Valorant_Haven-Killjoy-Defender-Setup4
Aショートを守るタレット

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です